Elinor's Forest

アクセスカウンタ

zoom RSS よそんちのことは言えない

<<   作成日時 : 2017/07/13 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今夜日テレで放送していた、ドラマ『過保護のカホコ』面白かった。

時任三郎さん扮するカホコのパパの独白が面白くてツボ。
なのに、感じていること思っていることとは裏腹に、結局パパもカホコを甘やかす言動をしてしまう。

コメディタッチなのでお気楽に見られるけれど、大学生にもなってお弁当をママに作ってもらっているのを過保護だと指摘されている辺りは、私がズキッと。(笑)

いや、私が大学生の頃は、必要な時は自分でお弁当を作り(普段学食)、朝ごはんも自分で用意して通学してたものだけれど、私の娘には甘い…らしいことにドラマを見てて気づかされた。

お嬢は毎日通っているのだけれど、もうほんとにいい年齢なんだから、自分でお弁当作ってもらえばいいのに、つい私がやってしまってる。

弁当作りといったって、凝ったお弁当でもなんでもないのだけど、それなりにバランスとれた弁当を心がけて…などというのが過保護なんだろうなぁ。

自分で献立考えさせて、自分でお弁当を詰めていくようにさせなきゃいけないなぁ。

年齢関係なく、我が子というのは「子ども」という意識がなかなか抜けないのがいけない。

ドラマを見てて、考えを改めさせられた気分。(^^;



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰してます〜

『過保護のカホコ』、録画したものを見ているのですが、
面白いですよね。

4月に大学入学を機に1人暮らしが始まったわが息子ですが、
彼のツィッター(ごくたまに更新する程度)を見る限り、
ほとんどミールカード利用なのですが、たまに料理は作っているようです。

私も過保護過干渉な親とさんざん言われましたが、
ドラマの黒木瞳とはタイプの違う過保護母だと思います。
息子が家にいる間、料理に限らず私がなんでもかんでもやっていたのは、
「本人に任せていると、手際が悪くて(私の)ストレスがたまる」というのが一番の理由だったからです。
ドラマの黒木瞳のように楽しんで過保護親やってません(笑)

離れて暮らしていても心配はつきませんが、
(ちゃんと1限目の講義に出ているのかとか、単位落とさないとか・笑)
そばにいたら、「あー、もう、自分がやった方が早い」と思っていたことが、
遠くに住んでいると手を貸さずに済むんですね。
それと同時に、以前よりは息子の行動に対して尊重する気持ちも生まれる。

でも、家から通える大学へ通っていたら、お弁当は作らないとは思いますが、
家事はしない、させなかったと思います。





ひなた
2017/07/26 12:36
ご無沙汰です〜〜〜〜。

>「本人に任せていると、手際が悪くて(私の)ストレスがたまる」というのが一番の理由

そうそう、これこれ!
休日のお昼ご飯はお嬢に作ってもらうことにしてますが、
私がやれば30分以内にできるものをお嬢だと1時間以上かけますんで…。(^^;
でも本人はやる気なのでやらせてます。ただ私がつい監視して横から口をはさんじゃいますね〜。
そこが過保護といえばそうなんですが、後始末のことをまず考えてしまって…。
見ないで済むならそのほうがこっちも楽なんですよね。

ひなたさんの息子さん、一人立ちに向かってがんばってますね。(^^
親の心配は子が幾つになろうと尽きないんでしょうけど、

>以前よりは息子の行動に対して尊重する気持ちも生まれる

これ大事ですね。親も子離れするステップとして。
学ばせて頂きました。(^^
今夜もドラマありますので、自分への戒めにももってこい(笑)。
親離れ子離れ、本腰入れて考えます。(^▽^)
Elinor
2017/07/26 15:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
よそんちのことは言えない Elinor's Forest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる