Elinor's Forest

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京ローカルのはずなのに

<<   作成日時 : 2017/03/02 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

全国ニュースでも全国放送の情報番組でも、東京都の築地市場から豊洲新市場移転延期についての報道がなされている。よく考えれば、本来これは東京都のローカルニュース。なぜこんなに注目されているかといえば、小池百合子女史が東京都知事になったからだろう。

市場の移転については30年も前から議論されているという…。それまで関西にいて聞いたことはなかった。東京都政を知ること自体がそもそも、関東圏以外の地域では少なかったはず。

私はどんなに遡っても、美濃部都政時代も後になって知る程度だし、青島知事時代については、ちょうどその数か月後にやはりタレントの横山ノック(山田勇)氏が大阪で知事になったこともあり、東西のタレント知事というのが印象にあるだけで、さっぱり知らない。

ただ青島都知事の頃に、都庁に爆弾の小包かが届けられ、それを開けた職員が大けがをしたというニュースだけは覚えている。

石原都知事時代…石原慎太郎氏については、興味があった。ディーゼル規制にしろ東京マラソンにしろ、それまでの単式簿記から複式簿記に変えたことにしろ、尖閣を東京都が買うといったこと、新銀行東京の件にしろ。態度が態度だからワンマンにも見えるが、けっこうな改革をなさっているというのが印象だし、いわゆる暴言もとりあげられていて、おそらくマスコミの偏った編集のせいもあろうが、ハラハラさせられたものである。

大体、石原氏は3期、知事に当選されている。ワンマンに見えるやり方に反発する都民も多かったかもしれないが、選挙の結果、3期もなさっていたのだから、東京都民の民意は、強引でありながら引っ張っていくリーダーシップを求めたということだろうか。

他の都知事に比べれば、石原都知事のほうがよほど話題になったのか、しかしそれでも、築地市場や豊洲新市場については全く、地方では知られていなかった。

石原氏の後の、石原都政で副知事だった猪瀬氏、その次の舛添氏、この辺りはまだ記憶に新しいがそれでも、何をやっていたかの具体的なことはもちろん地方にまで詳細にわかるはずがない。ただ、この辺りから何となく議会との軋轢でもあった印象はある。

さて、昨年の7月末、波乱の東京都知事選において、小池百合子さんが新しい都知事になった。何かをやってくれそうな期待感はあった。

私は小池女史は好きなほうである。都民ではないので、心の中で応援くらいはしていたが。というのも、自民党東京都連の中がどうも胡散臭いらしいこと、東京都議会についても議会運営が或る一人のドンを中心に回っているらしいことを猪瀬直樹さんや、他の若い都議からの声を聞くようになり、自民党推薦の増田氏より、自民党の党籍は持っていても、改革しようという気構えのある小池女史のほうがいいと思ったからだ。鳥越氏については論外。

そして小池女史が都知事就任。公約を掲げ、小池都政が始まった。私は概ね、小池都知事には期待して良さそうという感触を持っているが、長年の懸案だったという豊洲新市場への移転の延期については別である。

豊洲新市場の安全基準等などの議論は賛否両論ネット上でかなり読めるので割愛するが、かなり厳しい基準が設定されているだけに、老朽化の激しい築地市場より、問題はないと考えられる豊洲に早く移転したほうがよいと思う。

しかしこじれにこじれて、とうとう先日の記事では、築地市場の土壌汚染についても明るみになった。今のところ、小池知事は築地市場の安全性について健康に影響は与えないと仰っている。が、これは矛盾してしまう。どう地方の素人庶民が考えても、豊洲のほうが築地に比べて安全としか思えない。

豊洲の件に関しては、移転したほうがいいと思うが静観していた。都民ではないし、ほんとうのところ、都民全体ではどのくらいこの件に関心があり、築地ブランドをどれほど有難がっているのか、それほどの大問題と考えているのかが、感覚的にわからなかったから。

築地ブランドというものを有難がるのは、料亭・料理屋とその客くらいではないのか?…という疑問がある。一般庶民の都民はそこまで築地にこだわるのかと純粋な疑問。

先々月、千代田区区長選挙より以前だが、都民への世論調査の記事を見た。


迫る東京都議選 1番手に「都民ファーストの会」=JX通信社 都内世論調査(米重克洋)
https://news.yahoo.co.jp/byline/yoneshigekatsuhiro/20170125-00066957/



これによると小池さんへの支持はかなり高いが、何に対して関心があるかといえば、「投票の際に重視する政策課題」を見ればわかるが、景気対策や福祉などが上位で、豊洲市場や五輪ですら順位ではかなり下なのである。


ということは、マスコミが、やたらと豊洲市場に絞って煽っているだけではないか。

しかし、にもかかわらず、SNSでは、豊洲問題が盛んに議論されている。要するにマスコミの煽りに乗せられているとしか思えない。SNSは何をテーマにしようと二極論化しやすいのだが、もれなく豊洲についても、ちょっと過激なほど二極にわかれる。

よく既存メディアは信用できないし、多方面の情報の取捨選択ができるネットを使わなければ情報弱者とも言われる昨今だが、結局マスメディアがネットにも情報を流し、それについて識者がネットに書き込んだり、また更にそれについて一般のSNSユーザーが意見を交わすのだから、ネットもリテラシーがなければ情報を絞り込み過ぎて、リアルな現実とは乖離しやしないかとも思われる。

私も自戒しよう。ただ、ネットでは議会や国会の中継がオープンになっているし、国の機関や自治体も情報公開しているので、テレビ・新聞頼みよりは、心得て情報を取りに行く分にはネットのほうが強みではあろう。全く知らない地方の状況まで知ることができるのだし。

あとは、情報を取りに行った人それぞれの解釈次第。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京ローカルのはずなのに Elinor's Forest/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる